TOPページ > 協会認定の資格・検定 > 心理・癒し・ヨガ系資格

心理・癒し・ヨガ系資格

心理・癒し・ヨガ系資格

心理・癒し・ヨガ系資格

疲労やストレスにより、力が入った状態の心と体をリラックスさせ、開放させることを目的とした専門知識や技術の修得を認定。

心理・癒し・ヨガ系資格一覧

アロマセラピスト

アロマセラピスト

  • アロマセラピスト資格とは

    プロとして通用するアロマトリートメントの技術やマナーの修得に加え、お客様の体調に合わせた精油を選び不調の緩和に役立てられる知識を身につけていることを証明する資格です。

  • 受験資格

    認定校修了者
    ※当協会の認定校で受講すれば、試験の一部が免除されます。
    >資格の取得方法について

  • 修得レベル・必要なスキル

    メディカルアロマセラピーの基礎的な知識があり、不調をケアする精油を選んでアロマトリートメントの施術ができること。

  • 資格の活用方法

    自分や周囲の人の不調改善に活用したり、リラクゼーションサロンへの就職や、副業として自宅サロン開業などが目指せます。

    【目指せる活躍の場】
    ● リラクゼーションサロン ● エステティックサロン など

こんな方におすすめ

  • アロマクラフト作りやアロマトリートメントに興味がある
  • リラクゼーションサロンに就職したい
  • セルフメディケーションにアロマトリートメントを取り入れたい
  • アロマの仕事に興味がある

資格取得者の声

サロン勤務 アロマセラピスト 佐藤 晴美さん

趣味でアロマを楽しんでいましたが、体調を崩したことがきっかけで、将来のためにと勉強を始めました。医療事務の仕事をしながら、アロマセラピストの資格を取得。せっかく資格を取得したのだからと、現在は医療事務として働きながら、週末を中心に週2回ほどホテル内のサロンでセラピストをしています。自宅サ ロンという夢も広がり、充実の毎日です。

心理カウンセラー

心理カウンセラー

  • 心理カウンセラー資格とは

    アートセラピーなどの実践的なカウンセリング療法を用いて心の状態を究明し、精油の薬理効果や活用、トリートメントの技術で緩和する代替療法のスキルを身につけた心理カウンセラーであることを証明する資格です。

    ※2015年9月に、公認心理師法が成立、公布され、今後は2018年までに公認心理師という心理職の国家資格が誕生します。
    これからは、学校や病院等の現場では公認心理師の資格保持者が優先して採用されることになっていくことが予想されます。
    統合医学協会の心理カウンセラー資格は、カウンセラーとしてさらに学び続けようという意識の高い方や、心理学について学んでみたいと思っている方に推奨する資格です。

  • 受験資格

    認定校修了者
    ※当協会の認定校で受講すれば、試験の一部が免除されます。
    >資格の取得方法について

  • 修得レベル・必要なスキル

    心理学や脳神経学、精神障害などの知識に加え、カウンセリングの技術があり、不調をケアする精油を選んでアドバイスできること。

  • 資格の活用方法

    昨今のストレス社会における鬱(うつ)・パニック障害・TSD(心的外傷後ストレス障害)、不眠症、適応障害、統合失調症…。さまざまな心の疾患を抱える人を、心理学とメディカルアロマを組み合わせながらサポートし、自らで解決・自立できるように支援する専門家としての活躍が目指せます。

    【目指せる活躍の場】
    ● 心理療法サロン ● リラクゼーションサロン ● 接骨院
    ● 鍼灸院 ● 整体院 ● デイサービスセンター など

こんな方におすすめ

  • 心に起因する不調を和らげたい
  • アロマにも心理学にも興味がある
  • 今の仕事に心理学の知識を取り入れたい
  • アロマトリートメントも行なえる心理カウンセラーになりたい

資格取得者の声

アロマセラピーサロン「こころま」開業 川中 敦子さん

将来のために資格をと考え、以前から心に届く力を感じていたアロマに注目。アロマセラピストになりたいと、自分なりに勉強していました。そんな時、会社の新規事業に抜擢され直営サロンで働くことに。ところがカウンセリングに苦戦。相手の話を上手に聞くために心理学の知識が必要だと実感しました。
そして、日本統合医学協会の心理カウンセラーの資格を取得したことで、本格的に自宅セラピストとして活動することに。こだわりは、施術前に時間をかけて行なうメンタルカウンセリング。緊張や遠慮、疲労でお客様の口は重いもの。その少ない反応、言葉を見逃さず、悩みや身体の状態を聞き出すことで、本当に合った精油を選ぶことができるんです。頭を使いすぎの方にはパチュリ、心のバランスが崩れている方にはゼラニウム…など、心に働きかける精油をベースにアロマをブレンド。暗い表情だったお客様が、施術後は笑顔でおしゃべり。「こころを癒した」喜びを感じる瞬間です。

ヨガインストラクター

ヨガインストラクター

  • ヨガインストラクター資格とは

    ヨガのアーサナを不調・機能改善レベルで指導することができ、さらに統合医療の視点から、ヨガの効果をより高めることができる指導者であることを証明する資格です。

  • 受験資格

    ヨガの基本的な知識、医療従事者に準じる医学知識を身に付けた方で、疾病予防や不調改善を目的にヨガを指導できること。
    ※当資格は、学校法人の認定校のみ取得できます。
    >資格の取得方法について

  • 修得レベル・必要なスキル

    ヨガの基本的な知識を身に付けた方で、疾病予防や不調改善を目的にヨガを指導できること。

  • 資格の活用方法

    ヨガインストラクターとして、自分や家族の健康指導にとどまらず、仕事としての道も目指せます。

こんな方におすすめ

  • 統合医療の視点でヨガを学んでみたい方
  • 代替療法としてのヨガに興味のある方
  • セルフメディケーションとしてヨガを学びたい方

資格取得者の声

ヨガインストラクター 犬飼 のどかさん

医療系資格取得のために通っていた専門学校の選択科目にあったので、「自分の健康維持につながれば」というつもりで学びました。今では家事の合間に自宅で簡単なレッスンを開いています。自分も含めて、子供がいるとどうしても運動不足気味になってしまうので、ママ友さんからも喜ばれています。

ピラティスインストラクター

ピラティスインストラクター

  • ピラティスインストラクター資格とは

    ピラティスのエクササイズをリハビリや不調改善レベルで指導することができ、さらに統合医療の視点から、ピラティスの効果をより高めることができる指導者であることを証明する資格です。

  • 受験資格

    ピラティスの基本的な知識、医療従事者に準じる医学知識を身に付けた方で、疾病予防や不調改善を目的にヨガを指導できること。
    ※当資格は、学校法人の認定校のみ取得できます。
    >資格の取得方法について

  • 修得レベル・必要なスキル

    ピラティスの基本的な知識を身に付けた方で、リハビリや不調改善を目的にピラティスを指導できること。

  • 資格の活用方法

    ピラティスインストラクターとして、自分や家族の健康指導にとどまらず、仕事としての道も目指せます。

こんな方におすすめ

  • 統合医療の視点でピラティスを学んでみたい方
  • 生活習慣見直し、体のゆがみや姿勢を治したい方
  • セルフメディケーションとしてヨガを学びたい方

資格取得者の声

ピラティスインストラクター 三崎 衣理さん

ずっとダンスをしていたのですが、大学時代に自身の体幹強化とケガの予防のために履修しました。大学卒業後、大手フィットネスクラブに就職したのですが、身体運動の特徴を活かしたエクササイズのプログラム設定など、今の仕事にも大変役立っていますね。

入会案内

メディカルアロマや
メディカルヨガをはじめとする
セルフメディケーションやセンテナリアンなどに関心をお持ちで、
当協会の目的や活動にご賛同いただける方の
ご入会をお待ちしております。

日本統合医学協会は、東京と大阪に拠点を持ち、日本における健全な統合医学の普及と発展を目的として、平成12年に設立されました。メディカルアロマ、メディカルハーブ、またメディカルヨガやメディカルピラティスといった幅広い分野で技能研修や資格・検定の認定制度確立。統合医学の正しい知識の普及と技能向上に努めています。長年の実績と信頼ある当協会の資格は、医療・福祉の現場をはじめ、自宅サロン開業など転職・就職・開業にも役立てることが可能。統合医学の現場で働く皆様の活躍を後押しします。また、プロの育成だけでなく、セルフメディケーションとしてのメディカルアロマやメディカルヨガの普及にも注力し、誰もが「センテナリアン」を実現できる社会を目指し活動しています。