• 2018.06.14

    【ニュース情報】

    6月7日の衆院本会議で、サプリメントなどの健康食品で被害が出た場合、製造・販売業者に都道府県などへの届け出を義務付ける改正食品衛生法など(参院先議)が成立いたしました。

    改正法では、異物混入などで食品を自主回収する業者に都道府県などへの届け出を義務付け、国に情報を集約する制度も創設するとのこととなりました。